毛穴の悩みは結構深い

開き毛穴をどうすべきなのか。

私は長年毛穴に悩んでいます。

毛穴の悩みは結構深くて、そんなに簡単に解決できませんよね。

 

毛穴悩みは特に日本人の女性に多い悩みだそうです。

欧米人はあまり毛穴悩みがないのかもしれません。

 

毛穴の中で一番多い悩みが、毛穴の黒ずみや毛穴のたるみだと思います。

毛穴ってやっぱりなかなか対処が難しい。

 

黒ずみは、汚れが溜まっているということは実は少なくて、

殆どが色素沈着だそうです。

 

あと毛穴のたるみは加齢による肌のたるみ、筋力の衰えなどが原因です。

なので、実は化粧品だけで補うには限界があり、表情筋のエクササイズも同時に行う必要があるんですね。

 

あと大事なのはやはり保湿です。

保湿と言っても、肌表面のみを潤す保湿をしても仕方なく、角層内の水分を蓄える力をつけないといけないと思います。

 

私もいろんな化粧品を使ってきましたが、ライスパワーエキスを使った化粧品には、肌の水分を蓄える力をつけるものが多かったような気がします。

 開き毛穴を改善する方法

 

 

レチノールを浸透させてシワを解決!

目元は人の視線が集まりやすいところで、目の下のたるみやシワがあるだけで老けて見られてしまいます。

この目元のたるみやシワを解消するのに必要なのは、表情筋を鍛えることと基礎化粧品でのケアです。まずシワやたるみに有効な成分が、ビタミンC誘導体とレチノール、ナイアシンなどです。レチノールはビタミンAの一種で人間の体内にもあるもので、真皮のコラーゲンを増やす効果があります。シワやたるみの根本的な原因はコラーゲンの減少なので、このレチノールが配合されている美容液は効果が期待できるものになります。ただ、レチノールは刺激が強い成分というだけでなく、安定性が悪い成分です。

この安定性が悪い成分をしっかり角層の中に届けられるかどうかが、シワの改善ができるかどうか何ですね。

私はビーグレンという浸透技術を持っている美容液を使っています。

このなかでレチノールを届ける美容液はほんとに効果が高いですね。

あとは、老化の原因となる活性酸素を体内から除去する抗酸化成分が含まれるビタミンCが含まれている美容液もオススメです。保湿効果や美白効果もあるので、女性にとっては積極的に摂取したい成分です。こうしたアイクリームや美容液でのスキンケアはとても大切ですが、出来れば並行して表情筋を鍛えていくことで、より目元のシワやたるみの改善が期待出来ます。

毛穴ケアは続けてきたけれど・・・

私の顔での悩みは毛穴の開きです。
高校を卒業して化粧をするようになってからずっと悩んでいます。最初の頃はそんなに深刻ではなかったのですが、化粧を毎日しているうちにイチゴ鼻が特に気になるようになりました。
それからとりあえず洗顔は毎日必ず朝晩おこない、汗をかく夏は少し面倒ですが昼にも洗顔をするようにしていました。

でもあんまり頻繁に洗顔しずぎるのもよくないので化粧水など保湿もよくしていました。
その頃、テレビのCMでしていたごっそり鼻の毛穴汚れがとれるというものを買って試してみましたが思っていたようにはとれず、説明をきちんと読んでしていたのですが鼻に痛みを感じたので一度買ったきりしませんでした。
開き毛穴は鼻だけではなく鼻の横、内側の頬の辺りにもあります。鼻と同様に気にしながら洗顔をしていました。でも毛穴が改善されることはありませんでした。救いと言えば化粧をするとまだカバーが出来るので助かります。

私が使っているのは、ビューテフルスキンというファンデーションなのですが、これは肌の弱い人にも使えるミネラルファンデーションで、それなのにカバー力があります。

その理由は粉が微粒子だということかなと思っています。
いろいろ試してみてこの開き毛穴にしてはいけないと私が思うのは開き毛穴に汚れがたまると黒くなります。この汚れをついつい爪でつまみ出してしまうことです。つまみ出すとその時は汚れが目に見えてとれるのですっきりしますが汚れがとれた場所がカポッと穴が空いたままになってしまい結局汚れがたまりやすくなってしまうのです。
開き毛穴の解決法はまだ私自身見つけられていません。これから頑張って見つけよと思っています。参考にしたサイトはこちら